Home

映画 サバイバルファミリー 感想

映画を見る前の感想(ネタバレなし) 引用:サバイバルファミリープロモーションビデオ. 映画「サバイバルファミリー」の感想です。 ある日突然、原因不明の停電が起き、都心に住む4人家族のサバイブ模様を描く物語の感想です。 東京23区の下町で暮らす2歳男児ワーママの 育児・仕事・ランチ・ドラマ ブログ. 感想は人それぞれですが、こんなものを見るくらいなら、名作小説の「十五少年漂流記」でも読んだほうがマシではないでしょうか BraveRUKIA:23. ある日、突然日本全国の電力供給が止まり、ライフラインが全て停止してあらゆる情報網が遮断されてしまいます。 東京に住む鈴木一家は「西日本へ行けば電力網が活きている」という噂を頼りに鹿児島へ向かいます。 その道中、様々な人々と出会いながら鹿児島を目指すのですが・・・ 廃墟となった東京を脱出する一家のサバイバルコメディです。.

すぐに復旧すると思っていた停電はなかなか直りませんでした。 やがて停電はただの停電ではないことがわかってきました。 電気と言う電気がすべて消えてしまったのです! 電気がないと、電車も動かないし、車も動きません。 水道の蛇口からは水も出ないし、ガスも使えないし、スマホやパソコンなんて論外です。 こうなると電気に頼る、現代社会ではわずかな情報さえ入ってこなくなり、大都会と言えどもそこらじゅうが孤立化していました。 じきに街から水も食べ物もなくなり、マンションの住人は次々と田舎へと向かって出て行くのでした。 鈴木一家も妻の実家の鹿児島へ行くことにしました。. この期に及んで、まだつけまつげをつける娘・結衣を叱責した父・義之は「お父さんだって!」とカツラを指摘されます。 映画 サバイバルファミリー 感想 子どもたちは1台ずつの自転車に乗り、自転車を持っていない光恵は義之の後ろに乗りました。 車道には行商が並び、500mlのペットボトルが1本1000円でした。先へ行くと、円、2500円と金額が上がっていきます。鈴木家は目的地近くで水を買おうと思っていました(その方が軽くて済むから)。 コンビニで2500円で売る店主に光恵が掛け合い、ねぎるのに成功します(全部買うから1本600円で売れと交渉した)。 公園では男が池のコイを獲って開きにしており、公衆トイレは汚れっぱなしで臭い状態でした。 匂いを嫌った娘・結衣は、外の茂みで用を足します。 予想はしていましたが、飛行機はすべて滑走路に止めてあり、飛んでいません。 東京近郊は全部停電で復旧のめどなしと告げる警察官に、「自衛隊はどうなっている!」と一部の住民がつっかかります。 仕方なく鹿児島まで自転車で行くことを、父・義之は決断します。 そのためには地図と食料、自転車もう1台が必要でした。 子どもたちが地図を本屋に探しに行くと、当然のことながら地図コーナーだけが荒らされて、まともな地図は残っていませんでした。賢司は小学生用の日本地図を持ち帰ります。 両親は米穀店脇に、ふるぼけた自転車が捨て置かれているのを見ました。 米穀店の女店主・古田富子は、米を水か食料と交換していました。非常時にはロレックスやマセラティも役に立ちません。 光恵は富子と取引し、水と酒で自転車を譲ってもらい、さらに酒を追加することで米も手に入れます。 地図がおおざっぱで道が分からないので、高速道路を使って移動することにしました。同じことをみな考えており、高速道路は移動する人たちで溢れ返っています。 神奈川県、海老名まで移動しました。夜は野宿します。 夜、水を盗まれたと知った息子・賢司は追いかけますが、水を奪った男が赤ん坊に与えているのを見て、何も言わずに引き返しました。 2kmのトンネルがあるところで、老女の4人組が案内の看板を出しています。 不思議に思った鈴木家は、すぐに理由を知らされました。トンネル内部が真っ暗なので、障害物が見えないのです。 中は止まったままの車やら、死んだタヌキの死骸やらで、ろくに進めませんでした。 老女たちは盲目. 大都会・東京、行き交う人々に車。 喧騒、そして電気の明かりが煌々と夜の街を照らす── ガラス張りのオフィスで働くサラリーマンたちは忙しくしている。 鈴木義之(小日向文世)も、その1人。 彼の家族は妻・光恵(深津絵里)、メガネの似合う専業主婦。 鹿児島県の田舎育ちだが、虫が苦手で魚もさばけない。 至って普通の大学二年生の息子・賢司(泉澤祐希)。 PC、スマホはお手の物で博学、ただし家族に興味ナシ。 娘の結衣(葵わかな)、高校一年生。 茶髪に付けまつげの今どき女子だけど、最近トモダチのLINEがウザいかも. もしよければここでしばらく住まないかと、善一は声をかけてくれました。 しかし鹿児島の義父も同じように苦労しているかもしれないと義之は心配し、善一の厚意を嬉しく思いながらも鹿児島行きを決断します。 別れの日、善一は食料をたくさん持たせてくれました。感謝の念を述べながら、鈴木家は自転車で出発します。 高速道路を外れて3日間。 そこにある橋を通行する予定でしたが、ある筈の橋が存在しませんでした。見ている地図の情報が古いのです。 主要道路を外れてのタイムロスは厳しいので、すぐに義之はイカダを作る決断を下しました。川に流れ着いたペットボトルなどを利用し、即席イカダを作ります。 まず光恵と結衣と荷物を運び、次の回で自転車を運ぶつもりでした。 しかし自転車を運んでいる時に突然の大雨が襲い、水かさが増して自転車と父・義之が流されます。 後で賢司が捜索してみますが、見つかったのは父・義之のカツラだけでした(まだ後生大事につけていた)。 〔94日目〕 主を失った鈴木家は悲しみつつ、それでも西へ進みます。 善一にもらった豚の燻製を食べながらレールぞいに歩いていると、野良犬が1匹ついてきました。 結衣が軽い気持ちで犬にやります。 すると野良犬が3匹に増え、母・光恵のリュックめがけて襲ってきました。さらに5匹に増えます。 光恵は崖から落ち、足を痛めました。犬たちが母のリュックをあさっている間に、賢司と結衣が光恵に肩を貸してその場を去ります。 ところが野犬化した犬たちが追ってきました。 絶体絶命のピンチに陥った時、汽笛が鳴ります。犬は怯えて立ち去りました。 石炭で動く蒸気機関車が走っていました。光恵、賢司、結衣は乗せてもらいます。 車両には大勢の客が乗っており、光恵は車中で足を手当てしてもらいます。 「お父さんは?」と聞かれた結衣が泣き出しました。光恵と賢司もしんみりします。 父・義之は. 3。みんなの映画を見た感想・評価を. サバイバルファミリー|映画情報のぴあ映画生活 『サバイバルファミリー』は年の映画。 『サバイバルファミリー』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。.

映画 サバイバルファミリー 感想 「虹🌈」さんからの投稿 評価 ★★★★★ 投稿日. 東京都。 鈴木家は東京都の集合住宅(マンション)で暮らす、ごく平凡な一家でした。 父・鈴木義之は都会にあるオフィスに勤務する、中年サラリーマンです。薄くなった頭に着脱可能のカツラをつけています。 母・光恵は専業主婦でした。子どもは大きくなったものの、一家を切り盛りするのは大変です。 子どもたちは、大学生の息子・賢司と高校生の娘・結衣の2人です。 賢司は同じ大学の女子生徒・中村里美に、片思いしていました。結衣はおしゃれが好きで、つけまつげをつけて登校します。 父・義之の両親はとうに他界して田舎もなくなっており、母・光恵の父(子どもたちにとっては祖父)・佐々木重臣が、鹿児島県の吹上浜に住んでいました。 重臣はとうに定年退職しており、釣りと畑が趣味で光恵に時々、野菜や魚を送ってきます。 しかし都会では魚をさばくことが少なくなっており、光恵は丸ごとの魚を嫌いました。 一緒に暮らしているものの、父は仕事のことで、子どもたちはスマホに夢中で、心の中はバラバラでした。 そんな鈴木家を含み、全世界中にある日、異変が起こります。 〔1日目〕 映画 サバイバルファミリー 感想 ある朝。起きると停電していました。 それが単なる停電ではないことに、みんなはすぐに気づきます。テレビ、冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりではなく、電車、自動車、ガス、水道なども動かなくなったのです。 目覚まし時計の小さな乾電池すらも、動かないようになっていました。 マンションの10階に暮らす鈴木家は、苦労して階段をのぼりおりします。それでも「しばらくすれば復旧するんじゃないの?」と、みんなが楽観的に考えます。 近所の人たちも同様でした。今まで電気に頼りすぎており、電気が使えない不便な生活も「一時的なもの」と捉えます。 ろうそくを買いに行く主婦を見て、光恵も買いに走りました。 スーパーは大混雑で、レジや電卓が使えないので、店員はそろばんをはじいていました。 クレジットカードが使えず、現金のみでの扱いだと、店長が告知して回ります。 義之は出勤の電車が動かず、徒歩で会社に出勤します。会社まで電車2駅の距離に、義之は住んでいました。 会社のエレベーターが開かないので壊して入ったものの、仕事関連の大事な書類はみんなパソコンの中ですから、仕事になりません。 同僚の高橋亮三が、今日はもう帰宅してもよいと部下たちに告げます。待機していても仕事に. 食べ物の確保」と敏夫が挙げました。 涼介はフィルムのカメラを持っており、鈴木家と斎藤家みんなで記念撮影をします。 その後しばらくは、斎藤家と行動を共にしました。父親としての権威が失墜した義之は、少しすねています。 休憩をしていると、高速道路の対向車線を歩く軍隊の列がありました。歩兵は福井の送電所から名古屋へ向かっており、福井でも停電が起きているという情報を得ます。 斎藤家も「西日本へ行けば電気が通じている」という噂を頼りに、西へ向かっていました。 しかし関西もあてにならないと知った斎藤家は見切りをつけ、別の地に向かうと決断します。 鹿児島へ向かう鈴木家と斎藤家は、お別れの時を迎えました。結衣が涼介に後日写真を送ってくれと、住所を書いた紙を渡します。 〔43日目〕 鈴木家は大阪・通天閣界隈に到達していました。 西日本には電気があるというのは、真っ赤なウソでした。大阪にも電気が通っていませんでした。 娘の結衣がキレて、息子の賢司も怒ります。 2人の怒りの矛先は、頼りない父・義之に向かいました。取りなそうとする母・光恵の言葉も「お父さんはこういう人なんだから」と、フォローになっていません。 父親の権威が地に堕ちた義之は、落胆しながら西へ進みます。 しばらく進むと、炊き出しの列を見つけました。 なんと関西の地元民はたくましく、須磨海浜水族園の魚たちを捌き、汁物にして提供していました。 その列に並んだ義之たちですが、ちょうど義之の手前で炊き出しがなくなります。 「せめて子どもたちの分だけでも」と土下座をして頼みますが、ないものはどうしようもありません。必死な父の姿を見て、賢司と結衣も言い過ぎたと悔いました。 〔67日目〕 岡山県に入ったものの食料が尽きた義之たちは、疲労困憊していました。 そばに寝そべ. “カツラ” はズルいです。 川の水飲んで下痢になるし、青虫を口に入れようとするトコロは「イヤーッ!」ってなるし。 義之の娘・結衣(葵わかな)からの嫌われっぷりは、父娘あるある満載でウケます! 都会のパソコン少年だった賢司(泉澤祐希)も、どんどん逞しくなり頼りがいある男に成長。 オットリしてそうで、チャッカリ者の妻・光恵も深津絵里が魅力的に演じます。 生きるための知恵や、いのちを頂く有難さ。 平穏で当たり前だと思っていた生活を、失くしてしまった時の人間の底力。 キレイごとだけでは無い、感情むき出しの家族『サバイバルファミリー』から少しでも感じてもらえるかもしれません。 働いて、めし食って、風呂入って寝る。 生きていると悲しい事も起こるけど、明日を元気に頑張ろう!と思える作品です。. 感想 電気が無くなってサバイバルしながら生きる家族。 これを矢口監督が描くと、イライラさせながらもワクワクさせる人間 【サバイバルファミリー】大好きなスウィングガールズの監督、矢口監督の最新作です♪あらすじある日、突然電気がなくなっ. あの謎の停電から、2年と126日後── スッカリ海の男になった、義之と賢司。 結衣は髪の色もメイクも落ち着き、ハタ織りをしています。 相変わらず電気、ガス、水道は止まっていますが、町のみんなで自給自足の生活を謳歌していました。 光恵も、もぎたてのトマトにかぶりつき味わっています。 ある日の早朝、何かに気づいた義之が布団から抜け出して外へ出て行きました。 一つの段ボールの中で、目覚まし時計のアラーム音が鳴っています。 何度もボタンを押して音を鳴らし止める、音を鳴らし止める。 すると町内放送から音楽が流れ始め、町のみんなが外に出て来ると街灯、そして家の明かりがつき始めます・・・ 東京に、いつもの喧騒が戻りました。 一体、原因は何だったのか?憶測が飛びますが分かりません。 鈴木家もマンションに戻り、また家族4人の生活。 光恵は魚を簡単にさばき、結衣は手作りのかばんを愛用しています。 ヘッドホンなんかせずに、家族に話しかける賢司。 学校へ行く賢司と結衣、光恵は義之が忘れたお弁当を持ってエレベーターで下におります。 自転車に乗り待っている義之、そこへ鈴木家宛てに手紙が届きました。 開けてみると、静岡で出会った翔平が撮った写真でした。 写っているのは、ボロボロの4人の表情。 今、あの頃より成長している鈴木家は、何を思うのでしょう・・・ THE END. 18 コラム・エッセー.

jp/ 最初は飛行機で行くつもりで空港まで自転車で向かいましたが、飛行機も動かないことがわかって急きょ、そのまま自転車で鹿児島へ行くことに! 街は、水や食糧を求める人であちこちに行列ができ、道路のそここには「水・1本2500円」なんて張り紙がしてあります。 jp/ 無人となった古本屋で地図(小学生の地図帳)を手に入れ、それを見ながら道に迷いながら右往左往している情けない夫に、妻の光恵の提案で高速道路で行くことにしました。 高速道路なら一本道ですからね。. サバイバルファミリーの見どころと感想(ネタバレあり) 最初はコメディだと思い込んでみていたのですが、実際はシビアなシーンや切ない人々の感情が交錯するシーンなどもあり、このタイプの作品としては 非常に見ごたえのある映画であった と感じました。. サバイバルファミリー()の映画情報。評価レビュー 3956件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:小日向文世 他。『ウォーターボーイズ』『ハッピーフライト』などの矢口史靖が原案、脚本、監督を務めて放つサバイバルドラマ。電気が消滅し人々の生活が危機を迎えた世界を舞台. 1 day ago · ヒトラーに盗られたうさぎ。Nonさんの映画レビュー(感想・評価)。評価4. 映画『サバイバルファミリー』ネタバレ感想 防災意識が高まる作品 Twitter Facebook 0 はてブ 0 Pocket 0 LINE Pinterest コピー. ●高速道路を自転車で走るシーンは、矢口監督が特にこだわりどうしてもやりたかった場面のひとつなのだそうです。 ●ここでサイクリングスタイルでバッチリ決めたアウトドア一家の斎藤と出会いますが、彼らはサバイバル知識はハンパなく、食べられる草などいろいろ教えてくれますが、鈴木一家の一般人ぶりが浮き彫りにされた一場面でもあります。 ●鹿児島まであと一息というところで川に阻まれ、イカダで渡ろうとします。 このシーンは11月の冷たい川で撮影されて、映画「サバイバルファミリー」の中でももっとも過酷な場面です。 ●一家の父親・義之が川に流されて行方不明となり、母子3人で山の中の線路をたどって鹿児島へとむかう場面で、かわいい顔をしたワンコ1匹がク~ンと鳴いています。 結衣が持っていたベーコンをあげるとくわえてどこかへ走って行きますが、すぐに仲間の犬たちを連れて襲いかかってきました。 ペットも野生化すると怖い存在になるという恐怖の一場面です。 ●全編に散りばめられたサバイバル対処法は「へ~!」と思うことばかりです。. そんなパニック映画を予想するのだが実はそういう映画ではない。 サバイバルファミリーという言葉から、困難に立ち向かい家族愛を深めていくコメディだと思ったら火傷をする。 スポンサーリンク.

サバイバルファミリー 感想・レビュー投稿 映画の時間では「サバイバルファミリー」を見た感想・評価など レビュー を募集しています。 下記フォームに ペンネーム、評価、感想 をご記入の上「投稿を確認する」ボタンを押してください。. 下流に流れ着いていました。カラスに群がられつつ、目覚めます。 座りなおした義之ですが、力が残っていませんでした。 遠くに蒸気機関車が見えますが、声をかけても届きません。 何か手段はないかとポケットを探った義之は、発煙筒の存在に気付きました。 発煙筒をたいて、蒸気機関車に見つけてもらいます。 義之の生存を光恵、賢司、結衣は喜びました。また家族が集結します。 蒸気機関車はもうすぐ関門海峡を渡るそうです。 義. See 映画 サバイバルファミリー 感想 full list on hm-hm. 「サバイバルファミリー」感想・評価 映画「サバイバルファミリー」の感想ですが、この作品は自分の経験とシンクロし単純に楽しめました。 テーマは重いですが、コメディタッチに描いていて、最後まで飽きない展開になっています。. 火にかけて殺菌すれば、腹を壊すことはないそうです(川からじかに飲んだ義之は不正解で、火にかければお腹を壊さなかったかも)。 そこらに生えている雑草も大半は食べられるもので(オオバコ、タンポポなど。土から直接葉が出ているものは食用だそう)、魚などは天日干しや燻製にすれば日持ちすることも教えてくれました。なかでもタンパク質として、虫は栄養価が高いと言います(涼介のお勧めはセミ)。 人間が生きるのに必要なものとして「1. 『サバイバルファミリー』 サバイバル映画としては、基本的な人間やその間関係がリアルだったので細かい嘘は気にならず楽しめた。 コメディとしてもさり気ないセリフに笑いが入ってたところも好印象。80点。申し分ない良映画。. こんにちは! 今回は映画「サバイバルファミリー」の感想です。 サバイバルファミリー dvd 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: /09/20 メディア: dvd この商品を含むブログ (7件) を見る 監督・脚本 矢口史靖 出演者 小日向文世 深津絵里 泉澤祐希 葵わかな どうした?.

『サバイバルファミリー』()は、ある日、原因不明の大停電が起きた東京から脱出していく家族を描いたサバイバルコメディ映画です。 監督は数々のコメディ作品をつくってきた矢口史靖監督。 本作は第1回. 映画感想文「サバイバルファミリー」 4. 映画 サバイバルファミリー 感想 今回の記事は 以上の紹介でした。 矢口監督の最新作「サバイバルファミリー」で人間は生きるために強くなるんだなぁとしみじみ思いました、 少しぐらいは食べられる草に見分け方を覚えとかなくちゃいけないな~と思った人はけっこういると思います。 明日は野草の本が良く売れるかもしれないですね(笑) ではでは(^0^)/. サバイバルファミリー観てきた! 電気関連のもの(蓄電できるものも)全てアウトの世界で一番危険なのはコンクリートジャングルだった.

映画『サバイバルファミリー』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。原題:サバイバルファミリー 映画 サバイバルファミリー 感想 製作国:日本(年) 日本公開日:年2月11日 監督:矢口史靖. アキ /11/03 20:16 コメディかと思って気軽な気持ちで楽しめましたが、意外と他人. ロケは仙台市戸山口県を中心に大阪、神戸、静岡、横浜、羽田空港などで行われ、その移動距離は約1万km以上です。 高速道路と蒸気機関車は山口県で、海老名SAは千葉県の廃墟になっているショッピングモールで、日本坂トンネルは千葉県のトンネルを使って撮影されたそうです。 山口県の県境の川をイカダで渡るシーンは静岡県の天竜川で撮影されました。 このシーンの撮影は当初、夏に予定されていましたが、実際は11月にずれ込んでの撮影となり、冷たい川に入ってのシーンはとても過酷なものだったそうです。. 17点、「サバイバルファミリー」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。 p. 『サバイバルファミリー』の視聴方法 『サバイバルファミリー』はDVDの購入やレンタル、Amazonプライムビデオなどの動画配信サービスで視聴することができます。 年6月現在、『サバイバルファミリー』を視聴できるサービスは以下の通りです。. 映画『サバイバルファミリー』のネタバレ・感想 「作品のネタバレや感想を知りたい」方のみご覧ください。 新型コロナが世界中で混乱を招き、非常事態が起こっている現状に似ている状態。. See full list on bihauku-4.

映画『サバイバルファミリー』のネタバレなしのあらすじとネタバレありの感想を書きました。突然電気がなくなってしまった東京からの脱出サバイバルコメディ。物語の中心となる鈴木一家を演じるのは、小日向文世さん、深津絵里さん、泉澤祐希さん、葵わかなさん。サバイバル能力ゼロの. 12現在) 期待しないで見に行くと、それぐらいのハードルを越えられる。って人が多いです。 内容を楽しみに行くのではなく、「誰かを誘う口実」にはちょうどいい?. 。 光恵は鹿児島に住む父・重臣(柄本明)と電話をしています。 「いつもありがとねぇ」 立派な魚に無農薬野菜をいつも送ってくれるけど、全然さばけないし野菜から出てくる虫に結衣と絶叫! 父に悪いと思いながらも明日でいいかぁと、冷蔵庫に魚をしまいます。 仕事から帰った義之はテレビを見ながらご飯を食べ頭に付いているカツラを外し、ソレを見た結衣も付けまつげを取って・・・いつもの夜の風景です。 いつも通りヘッドホンで音楽を聴きファーストフードの袋を持って、賢司が無言で帰ってきました。 賢司、結衣それぞれの部屋でいつも通りパソコン、スマホを見つめ指を動かし続けます── 外がやけに明るい・・・窓の外を見るとスッカリ日が昇り慌てる義之、目覚まし時計も夜中に止まったようです。 「いま何時だ?」 昨日冷蔵庫に入れた魚がダメになって捨てる光恵も、停電したとしか言えず困っていました。 冷蔵庫にテレビ照明、まさかの乾電池まで。 夜通し充電したスマホも使用不可。 マンションのエレベーター、信号機そして電車も止まってしまい町は大パニック! 仕事に向かう焦ったサラリーマンは、タクシーをつかまえますが車も動かないようです。 それを横目に自転車で通学する賢司、悲しい目で見送るオジさんたち・・・ やっと長い階段を下りて、ゴミ捨てに来た光恵。 ロウソクを買わなきゃと、同じマンションの主婦たちがスーパーへ向かうのを見て「いちお、買っとくかぁ」と思いますがッ! 財布は家、マンションを見上げる光恵はため息です。 二駅分歩いた義之が何とか会社に着くと、入り口の自動ドアが開かず人だかりが出来ていていました。 同僚の高橋(宅麻伸)に時間を聞いても、彼の腕時計も動いていません。 最終手段!ガラスをブチ破り社員たちはビ. · サバイバルファミリー。ABCDさんの映画レビュー(感想・評価)。評価3. どうも、こんにちは。ズバ男です! この記事は映画『サバイバルファミリー』をネタバレなし感想と注目ポイントでロケ地など紹介するものです。 この映画の自己評価は3. 東京に住んでいる鈴木義之は朝、起きた時に停電していることに気づきました。 大学生の長男・賢司と高校生の長女・結衣も「マジかよ~!」と言っています。 でも停電なんてすぐに復旧するだろうと思い、会社へ出勤すると停電のために仕事は何もできないということで、みんな退社することになりました。 帰宅するために駅へ行くと、そこは人で溢れています。 jp/ 電車が動いていないのです。 ふと見回せば、自転車販売店から続々と自転車に乗って帰宅する人たちが出てくるのが目につきました。 義之も自転車を買って帰ることにしました。.

映画館で別の映画を見るときに、予告編でふと出会ったのがこの『サバイバルファミリー』でした。 映画 サバイバルファミリー 感想 初見での感想はズバリ、『なにこれ?どゆこと?』でした(笑)。. 5点(5点満点)です。 突然電気を必要とするものが動かなくなったという設定モノですが、『ウォーターボーイズ』や. もしも、ライフラインがすべて使えなくなったら! 今作は【決して想像の世界ではない】という事が、誰もの心に思い浮かぶでしょう。 もちろんコメディ映画ではありますが、多くの人が直接体験した災害そして “STAY HOME” が叫ばれる年。 あらためて観ると、感じ方が違っているかもしれません。 でも・・・やっぱり、小日向文世が演じた義之の意地っ張り!見栄っ張り!のヘタレお父さんが “あのイイ顔” で笑わせてくれます♪ 小日向文世の鉄板ネタ! 映画公開に合わせたオリジナル企画として、息子役の泉澤祐希主演「サバイバルボーイ」と娘役の葵わかな主演「サバイバルガール」の2本のサイドストーリーが制作され、年2月15日に日本映画専門チャンネルにおいて放送された 映画 サバイバルファミリー 感想 。サバイバルファミリー. See full list on oyasumi-movie.